引越し トラック 道路の幅

引越しのトラックと道路の幅

引越し トラック

 

引越しで欠かせないトラックにはいろいろなサイズがあります。
大きければ家財が乗り切らないというトラブルがないので、大きいトラックのほうがいいように感じるかもしれません。

 

しかし、大きいトラックはガソリン代も多くかかりますし、高速代も高いです。
つまり費用面で小さいトラックよりも不利なので、トラックはちょうどいい大きさのものを選びたいですね。

 

トラックのサイズは次のようなものがあります。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

大きいトラックを使うには、道路の幅にも注意しなければいけません。
物件に面する道路の幅がせまい方は、頭に入れておいてくださいね。

トップページ > 冷蔵庫の引っ越し料金は比較してみるとよくわかります